そのほうが結果的には、本来は必要なかった修繕費用を使わずに済みます。

外壁塗装を検討する時は、事前に出来るだけ多くの塗装業者に見積り依頼をし、費用相場を知っておくなど、少しの手間を惜しまないことが大切です。

失敗してしまう最も大きな原因は、複数の業者から見積りを取らずに、外壁塗装を着工してしまうことです。

一般的な相場を知らないままで、損をしていることすら知らない人も多いです。

外壁工事をする意味は建物の美観を保つことはもちろん、外壁を保護する大事な役割もあります。

家の壁を保護し、耐久性&防水性を高める。

塗料の種類によっては断熱作用、遮熱効果やセルフクリーニング効果まである塗料も存在します。

当然外壁塗装は、外壁自体の持久力を上げる効果もあります。

塗料には種類があり、耐久性の低いもの~耐久性の高いものという順に並んでいます。

定期的なメンテナンスをして、外壁塗装をして壁へのダメージを減らし、建物の寿命が延びるという根本的なことにもつながります。

外壁自体のヒビ割れ壁自体の劣化が見えたり、チョーキング(触ると手に白い粉が付く現象)が起こっていたり…このように損傷がある状態で放置期間が長引くと、外壁が水分を防げずに内部に浸透してくることで雨漏りしてきたり、壁だけでなく、建物全体のあらゆる部分に水が周り、腐食が始まります。

外壁工事自体には、デメリットと呼べることは見当たりません。

あえて挙げるとすれば、外壁塗装自体は「永久的」なものではなく、塗料の種類によって年数に違いはあるものの、定期的な塗替えが、必ず必要になるということです。

そうはいっても大切な外壁を守るには、塗装以外では貼替えなどの手段しかなく、建物を長期に渡って維持するためにも、確実に必要なことと言えます。

そこまでいくと、補修にも結構な金額がかさむので、外壁にクラックやチョーキングなどの異常が見られた場合は早めに専門の施工業者に見てもらったり、見積もりを依頼したりすると安心です。

外壁塗装は、塗膜の耐久年数が塗料により数年~十数年となります。

そのためおよそ10年に一度程度は塗装業者に状態を確認してもらうことも大事です。

この定期的な点検をすることで、大切な財産である家の寿命を最大限まで延ばすことが出来ます。

アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系の順です。

この中ではフッ素系塗料が耐久性に優れ、太陽の光、風雨の影響を最も受けやすい、屋根材の塗料として使用されることが多くなりました。

外壁塗装に最も人気のある塗料は、お値段と耐久性のバランスが良いコストパフォーマンスに優れたシリコン系の塗料が多く使用されています。

外壁に使われている素材には、水分に弱いものがあります。

外壁工事では、ヘアークラックや前の塗装の剥がれなどを程度に合わせ、下地塗装よりも前に補修します。

あまりに劣化が進んでから、外壁塗装を実施するとなると、外壁自体にも傷みが生じている場合があり、塗装というよりも「やり替え」になることがあります。

外壁よりも内部が劣化してしまう前に、やや早いと思う時期に塗り替えを検討しておくべきと言えるでしょう。